Nothing’s Gonna Change My Love For You

今日の表現

ジョージ・ベンソン:「変わらぬ想い」を紹介します。

Nothing’s Gonna Change My Love For You.

George Benson – Nothing's Gonna Change My Love For You • TopPop
変わらぬ想い(ジョージ・ベンソン)

省略を解くと、Nothing is Going to Change My Love For You.

です。ここで出てくる文法は、

(1) Be going to + 動詞

(2) Change + (物・人)  :  (物・人)を変える

(3) Love For You : あなたへの愛

(4) Nothing + (使役)動詞 ・・・ :  ・・・させるものは何もない。

です。

高校2年生ぐらいの文法と単語で理解できますよ。

 直訳すると「私のあなたへの愛を、変えるものは何もないだろう」

 つまり、「変わらぬ想い」

他には、

Nothing’s Gonna Stop Us Now

スターシップの名曲です。(映画「マネキン」の主題歌)

Nothing Is Going To Stop Us Now.

直訳すると「今、私たちを止めるものは何もない」(私たち=恋人同士「私たちの愛」)

邦題は、「愛は止まらない」マネキンに恋をした少年のお話です。

さて、「変わらぬ想い」に戻すと、

冒頭:If I had to live without you near me, the days would all be empty.

いきなり、「仮定法過去」が出てきます。高校2年生ぐらいで習いますね。

「もし、あなたなしで生きていかなくてはいけなかったら、毎日が全く空虚だっただろう」

ここでのポイントは、had to・・・without ・・・です。「・・・無しで、・・・しなくてはならなかった」例えば、

I had to study without a pen because I had left my bag at my desk.

私は、ペン無しで勉強しなくてはならなかった、なぜなら、机の上に、バッグを置き忘れてきたから。

次回は、「Nothing・・・」の瞬間英作文を勉強します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました